美肌のためのスキンケアのポイントは?肌質別に大紹介!

美しい肌を作るためには、自分の肌質を知ることが大切です。

自分の肌に合ったスキンケアアイテムを使用することが美肌への近道なのです。自分の肌に合っていないスキンケアアイテムは、逆に肌トラブルを引き起こしてしまう場合があるのです。

ここでは、そんな美肌作りのポイントを肌質別に紹介します。パックの使い方などについても紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

肌を労わり傷つけないためのポイントとは?

スキンケアは、肌を優しく労わり不足している成分を補う目的で行います。

そのため、洗いすぎたり、こすりすぎたり、つけすぎたりしてしまうと、肌を傷つけてしまう場合があります。ここでは、日々のスキンケアを行う上での注意点を紹介します。

 

①洗い過ぎない

肌を洗いすぎると肌トラブルを引き起こす場合があります。日々の洗顔は朝と夜だけで十分だと言われています。もし今洗顔の頻度が多いと思う方は、朝は水洗顔で軽く汚れを落とす程度に、夜はクレンジングや石鹸で化粧や汚れを落とし、ぬるま湯で洗い流すという点を意識して行うようにしましょう。

これだけで新陳代謝や肌のバリア機能が高まり、美肌へと近づくことができます。

 

②つけすぎない

化粧水や美容液などは、肌に必要な成分を補給するためにありますが、実はつけ過ぎは新陳代謝を低下させてしまう場合があります。外から栄養を補給しすぎると、肌は自分でキレイになるための動きを衰えさせてしまうのです。そのため、大量に化粧水や美容液をつけるのではなく、適量を意識して使うようにしてください。

また、スキンケアアイテムが多いという方は、アイテムを減らすというのも良いでしょう。

同じくファンデーションもつけすぎは肌に負担がかかってしまいます。ファンデーションを厚く塗り過ぎてしまうと、クレンジングも強めのものを使用することになってしまいます。ファンデーションを塗る場合は、薄めに塗る、または肌に優しいミネラルタイプのものを使用するなど、肌に負担をかけないように注意しましょう。

 

③こすりすぎない

肌をこすって摩擦を起こしてしまうと、肌トラブルを招いてしまいます。

クレンジングはゴシゴシとこするのではなく、指の腹で優しくメイクと馴染ませてマッサージするようにしましょう。また、洗顔後水滴を拭き取る際も、タオルでゴシゴシと拭くのではなく、肌に押さえるようにタオルをあてるようにしてください。タオルが触れることで摩擦が起こってしまうため、ティッシュを顔に乗せて水分を拭き取るのが最も肌に優しい方法です。

肌は非常にデリケートであるため、触れる際は常に優しくこすらないように意識しましょう。

 

美肌には保湿と紫外線対策!

美肌を作るためには、しっかりと保湿を行うことと、紫外線対策は必須です。ここではそれぞれの関係について紹介します。

 

美肌作りの大敵、紫外線と乾燥

美しい肌とは、肌理が整っている状態の肌を刺します。肌理とは、いわゆるキメのことを言います。肌理が整っている肌は、しっかりと水分が保持されハリやツヤのある状態で、毛穴が目立つこともありません。

肌理が乱れると、水分は逃げやすく、乾燥によって毛穴が開いたり、肌が荒れたりと肌トラブルの起きやすい肌となってしまいます。

このように肌理が乱れてしまう原因になるのが、美肌作りの大敵である紫外線と乾燥なのです。そのため、毎日紫外線対策と保湿をしっかりと行うことで、肌理を整えることができると言えます。

 

保湿成分入りアイテムを選ぶ

保湿は毎日行うもの。そのため、毎日使用する保湿アイテムには、高い保湿効果を持つ「セラミド」が配合されているものがおすすめです。セラミドは、肌の内部で、X構造をしたコラーゲンをつなぎとめる働きをしており、ハリや潤いを逃さないように働きます。また、肌の内部でバリア機能を発揮します。しかし、年齢とともに減少してしまうため、スキンケアで取り入れることが大切です。

セラミドは水に溶けにくい成分のため、化粧水にはあまり向いていません。そのため、セラミドをスキンケアで取り入れる場合は、美容液やクリームなどを選ぶようにしましょう。

 

適したスキンケアを取り入れるには、自分の肌質を知ることが大切

肌に合わないスキンケアは、逆に美肌から遠のいてしまう可能性があります。そのため、美肌を作るためにはまず自分の肌質を知ることが大切です。

 

・普通肌

普通肌は、水分量、皮脂量ともにバランスの取れている状態の肌を言います。理想的な肌の状態と言えるため、今の肌状態をキープするスキンケアが大切です。

今の肌状態をキープするためには、いきなりスキンケアアイテムを変えたり、不規則な生活をしたりしないように心がけることが大切です。

 

・乾燥肌

乾燥肌は、水分量、皮脂量共に不足している状態で、カサつきが目立つ肌を言います。皮脂は肌を守る役割を持っているため、皮脂が不足した肌はトラブルを起こしやすくなってしまうのです。この状態は敏感肌になりがちな状態でもあります。乾燥肌はニキビもできやすい状態の肌になってしまうため、皮脂を落としすぎないために過剰に洗顔をしない、セラミド配合美容液やクリームなどでしっかりと保湿する、肌に触れる際は、摩擦を起こさないように優しく触れるといったことを意識するようにしましょう。

 

・脂性肌

脂性肌は、皮脂が過剰に分泌された状態のことで、顔のテカリやベタつきが目立つ肌のことを言います。脂性肌の方は、脂質の多い食事を避ける、洗顔の回数を増やし油分の多い化粧品を使用しない、皮脂を取り過ぎないようにして、保湿をしっかりと行うといったスキンケアが大切です。

 

・混合肌

混合肌は、Tゾーンはテカリやベタつきが目立ち、頬や目の周辺は乾燥しやすいなど、顔の場所によって脂性肌と乾燥肌のどちらの悩みも持つ肌のことを言います。生活習慣の乱れやホルモンバランスの乱れによってなりやすいと考えられています。

混合肌の方は、乾燥部分はしっかりと保湿を行い、脂性肌の部分はクリームや乳液など保湿アイテムの量を調節するなど、乾燥部分とオイリー部分に合わせたスキンケアが大切です。

 

・敏感肌

乾燥肌は肌トラブルが起きやすい肌で、かゆみやヒリヒリ感、赤みなどを感じやすい肌質のことを言います。

敏感肌は、スキンケアアイテムや日焼け止めなどによっても刺激を受けることがあるため、アイテム選びに苦労するという悩みが多くあるようです。

敏感肌の方は、無添加など肌にやさしいスキンケアアイテムやブランドを探す、トラブルを起こしやすい肌に特化したアイテムを選ぶ、肌のバリア機能を高めるために保湿をしっかりと行うといったことを意識して行うことが大切です。

 

活用したいスキンケアパック

美肌作りのために活用したいスキンケアパックを使用する際のポイントを紹介します。

 

パックの使用頻度と順番

パックは肌に良い成分をたっぷりと含んでいます。そのため、毎日使用すると肌は栄養過多になってしまい、肌トラブルを起こしてしまうことがあるのです。そのため、週に1~2回の頻度がおすすめされています。パッケージに使用頻度が書かれている場合は、その頻度を守るようにしましょう。

使用順についてもパッケージに記載されている通りにするようにしましょう。パックの使用順はそのほとんどが洗顔後や化粧水をつけた後です。

 

肌悩み別のパック選び

パックは肌の悩みに合わせて選ぶことが大切です。ここでは、くすみと乾燥に向いているパックについて紹介します。

 

・くすみ

くすみは、通常のスキンケアではなかなか改善することができません。そのため、パック選びをする際は、炭酸パックが効果的です。炭酸パックは、血行促進効果を発揮するため、肌の新陳代謝アップに効果的で、新陳代謝がアップすることで、肌のくすみが解消されてトーンアップが期待できるのです。

 

・乾燥

乾燥肌は、配合されている成分に注目して選ぶことが大切です。特に保湿効果の高いセラミドやハチミツなどの成分が配合されているものは、価格も気軽に試すことができるため、ぜひ色々と確認してみましょう。

 

まとめ

ここでは、美肌を目指すスキンケアについて紹介してきました。美肌を目指すためには、まず自分の肌質を知ることが大切です。また、最も美肌にとって大切なのは、バランスの取れた食事、適度な運動、十分な睡眠など、生活習慣を整えることです。

生活習慣をしっかりと整えながら、自分の肌質に合った正しいスキンケアを行って、美しい肌を目指しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です