毛穴の黒ずみを撃退する洗顔方法とは?そのコツや黒ずみ予防を紹介!

気になる小鼻の黒ずみは、一度できてしまうとなかなか改善が難しいもの。小鼻の毛穴にできるポツポツとした黒ずみには、毎日の洗顔が非常に大切です。毎日しっかりと洗顔やスキンケアを行えているかどうかで、毛穴の黒ずみに大きな影響が出てしまうのです。

ここでは、毛穴の黒ずみは、どのようなことに気を付ければ改善することができるのか、また毛穴の黒ずみの原因や種類、毛穴に良い洗顔方法について紹介します。

 

毛穴の黒ずむ原因とは?

毛穴トラブルの種類とは

毛穴の悩みには、様々なタイプがあります。ここでは、タイプについて紹介します。

 

・黒ずみ

毛穴が詰まった状態で、黒くざらついている特徴があります。

・開き毛穴

毛穴が開いた状態で、皮脂の分泌が多いためテカリが目立ちます。開き毛穴は脂性肌でTゾーンがベタつく人にできやすい毛穴悩みです。

・クレーター

ニキビ跡などによって、凸凹した肌のことを言います。

・たるみ毛穴

肌のたるみによって、毛穴が涙型のように垂れ下がってしまっている状態の肌を言います。

・メラニン毛穴

毛穴が黒く変色しているが、ざらつきはない肌のことを言います。

 

このように、毛穴悩みは様々なタイプがあります。自分自身の毛穴悩みタイプを知ることも毛穴悩みを改善する近道となります。ここでは、黒ずみ毛穴について紹介します。また、皮脂には洗顔でのケアが最も効果的であるため、毛穴悩みをお持ちの方は、後程紹介する洗顔方法で対策するように心がけましょう。

 

毛穴の黒ずみの原因とは?

ここからは、毛穴が黒ずんでしまう原因について紹介します。

 

・皮脂汚れ

皮脂の過剰分泌は、毛穴詰まりの原因となってしまいます。この詰まってしまった皮脂が傘下して、黒ずんでしまうことが、毛穴の黒ずみの原因となってしまうのです。

 

・開き毛穴

開き毛穴は肌の保湿が不足していることが原因になります。また、開き毛穴は皮脂が詰まりやすいため、毛穴の黒ずみを併発する場合があるので注意が必要です。

 

・角質汚れ

乾燥などによって、肌の新陳代謝が低下してしまうと、古い角質が排出されずに肌の上に残ってしまい、毛穴に溜まってしまいます。これを角栓と言います。この角栓は、毛穴汚れに繋がってしまいます。

 

・色素沈着

メラニン毛穴は色素沈着に該当します。紫外線やストレスなどによって受けてしまうダメージによって、メラニン色素が過剰に分泌され、この色素が毛穴に沈着してしまうことで、毛穴の黒ずみが起こってしまいます。

 

一言に毛穴の黒ずみと言っても、様々な種類があるため、自分の毛穴の黒ずみの原因を知り、その原因を取り除くことが大切です。

 

毛穴の黒ずみが起こりやすい人、その原因とは?

毛穴の黒ずみに悩んでいる方はたくさんいますが、一体どのような方が黒ずみやすいのか、またその原因について紹介します。

 

・毛穴パックなどで角栓ケアを頻繁に使用している

毛穴パックなどのケアは、実は肌にとっては大きなダメージになってしまいます。特に鼻など毛穴の気になる部分にシールを貼りつけてはがすタイプの毛穴パックは、はがす際に大きな刺激を受けてしまいます。この刺激は、皮脂を過剰分泌させる原因になったり、肌を厚くしてしまったりと、肌トラブルの原因になってしまいます。

また、詰まった角栓を無理やり取ることは、毛穴が開いてしまう原因となり、新たに毛穴トラブルを招く原因になるため、ケアはあまり頻繁にしないように気を付けましょう。

 

・蒸しタオルを頻繁にする

毛穴を開かせて汚れを除去するために効果的と言われている美容法「蒸しタオル」は、やり過ぎは禁物です。必要な皮脂が過剰に取れてしまったり、乾燥を招いてしまったりとトラブルを招いてしまいます。

 

・毛穴用のスキンケアをする

毛穴をケアするためのピーリングやスクラブなどは、肌にとって非常に刺激が強く、肌を傷つけて乾燥を招いてしまう場合があります。

 

・毛穴を触りがち

詰まった毛穴を見つけると、手やピンセットなどで角栓を取りたくなってしまう方も多くいらっしゃいます。角栓は取れるとスッキリしますが、このように肌を触ってしまうと大きなダメージとなってしまうのです。また、毛穴を刺激してしまうと、毛穴が開きやすくなってしまい、開き毛穴や黒ずみの原因となってしまいます。

 

・あぶら取り紙を頻繁に使用する

皮脂が多いとどうしてもテカリが気になってしまうため、こまめにあぶら取り紙を使用してしまう方がいますが、実は肌にとって本来必要な皮脂まで取ってしまい、乾燥を招いてしまうことがあります。肌は乾燥すると硬くなってしまい、古い角質が滞りやすくなるため、毛穴詰まりを引き起こす原因になってしまうのです。そのため、あぶら取り紙を使用する際は、1日1~2回程度に抑えるなど、ほどほどにしましょう。

 

毛穴の黒ずみケアには洗顔!

黒ずみケアには、毎日の洗顔が重要!

様々な原因によってできてしまう毛穴の黒ずみですが、そのほとんどの原因は、皮脂が詰まって、それが酸化してしまうことによるものです。そのため、皮脂の量をしっかりとコントロールをして、適度に汚れを洗い流すことで改善・予防することができるのです。皮脂量のコントロールや、汚れを落とすためには、正しい洗顔方法で肌コンディションを整えることが大切です。

 

黒ずみを防ぐ正しい洗顔方法

ここでは、毛穴の黒ずみ予防や改善に効果的な洗顔のポイントを紹介します。

 

・洗顔料を使用するのは夜のみ。朝は水のみですすぐ

・清潔な手で洗顔をする

・しっかりと泡立てる

・泡立てた洗顔料を肌に乗せて、円を描くように優しく洗う

・泡は皮脂の多い部分から乗せる

・クレンジングは30秒程度、洗顔は1分程度に抑える

・しっかりとすすぐ

・シャワーは直接顔に当てないようにする

・すすぎの温度は人肌程度にする

・顔を拭く際は、柔らかいタオルで押さえるように拭く

洗顔は毎日行うもののため、上記のポイントに気を付けるだけで毛穴ケアを行うことができます。

 

洗顔料の選び方とは

洗顔方法がわかったところで、ここからは洗顔料選びのポイントを紹介します。

 

・弱酸性ではないものを選ぶ

・界面活性剤不使用のもの

・クレイが入っているもの

・ビタミンCやプラセンタなど、洗浄成分以外にも美容成分が配合されているもの

・継続できる価格帯のもの

毛穴詰まりは、肌の乾燥や敏感肌によっても起こってしまうため、洗顔料はなるべく肌に優しく、洗浄効果の高いクレイなどの成分が配合されているものがおすすめです。また、保湿成分が配合されていると、肌トラブルの予防にも繋がるため、できるだけ保湿などの美容成分が配合されているものを選びましょう。

 

毛穴の黒ずみを予防するには?

生活習慣を改善する

毛穴の黒ずみは、皮脂の過剰分泌やメラニンによるものなどが原因と言われていますが、これは生活習慣が大きく影響しています。

例えば脂質の多いものや甘いものをたくさん食べていると皮脂に分泌量が増えてしまいます。皮脂が多く分泌されるとそれだけ毛穴に詰まってしまう確率は高まってしまいます。そのため、できるだけ栄養バランスの取れた食事をすることが、毛穴詰まりの予防に繋がるのです。

 

日焼け止めを塗る

黒ずみは紫外線などが原因によるメラニン色素の過剰分泌によっても発生してしまいます。そのため、外出をする際医は必ず日焼け止めを塗るようにしましょう。

 

毛穴・角栓ケアは適度に行う

毛穴パックやスクラブなどは、肌を傷つけて乾燥させてしまいます。肌は乾燥すると硬くなり、肌代謝が下がって毛穴詰まりの原因になってしまいます。そのため、毛穴や角栓ケアは過度に行うのではなく、適度に行うようにしましょう。

 

まとめ

毛穴の黒ずみには、毎日行う洗顔や食生活が大切です。

ここでは、洗顔の仕方や洗顔料の選び方を紹介しましたが、自分自身に合った毛穴ケアを見つけて、それを継続し、毛穴の黒ずみゼロの滑らかな肌を目指してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です